女性のための 育毛剤でボリューミーな髪にチェンジ

髪の悩みを抱える人は多い

男の人

化学物質による影響もある

世界中で薄毛の悩みを抱える人は多数おり、日本国内では男性だけで1200万人以上が薄毛の症状にあるという予測も出ているほどです。しかし薄毛の原因は様々で、その特徴もまた違いがあります。もっとも大きな原因とされているのが、遺伝による体質です。ジヒドロテストステロンは男性型脱毛症の原因となる物質ですが、この物質と結合して毛母細胞の成長を止める、アンドロゲンレセプターの作用は遺伝による影響が強いのが特徴です。さらに科学文明が発達した現代では、環境ホルモンや化学物質などによる女性の男性化が問題になっています。これらの影響で女性ホルモンの体内量が減り、男性ホルモンの量が増えているとする分析です。男性ホルモンの体内量が増加すると、FAGAと呼ばれる女性男性型脱毛症の原因となることが分かっており、これも女性に見られる薄毛の特徴として増加しています。

個別ごとの育毛対策

遺伝による体質や女性の場合は出産などの影響もあって、薄毛に悩まされる人は非常に多いのが現状です。しかし抜け毛予防と育毛のテクニックもまた存在します。それぞれの薄毛には何らかの原因があります。その原因を突き止めて、それに応じた育毛対策を個別に行っていくのが正しいケアの方法です。先述の遺伝による薄毛の場合は、男性ホルモンのテストステロンがジヒドロテストステロンに変化をして、毛母細胞の活動を減衰させてしまうのが原因です。そのためジヒドロテストステロンの活動を抑える育毛サプリや育毛剤が効果を期待できます。女性に多いびまん性脱毛症ならば、原因は女性ホルモンと毛周期の乱れです。そのため女性ホルモンの分泌を促したり、毛周期のサイクルを正常化する育毛剤を選ぶのが効果的です。